為替相場で稼ぐ道 > 為替取引の基本 > 値段の決まり方。

為替取引の基本

値段の決まり方。

ここで、キホンに返って外国為替の値段の決め方について書くことにしました。(読むだけだと分からないから、書いてますわーい(嬉しい顔)

ある通貨に対する為替レート(値段)は動いています。

例えば、
ドルを買いたい人の方が多ければドルの為替レートが上がります。
1ドル=100円 → 101円グッド(上向き矢印)
これに対して、
ドルを売りたい人の方がが多ければドルの為替レートが下がります。
1ドル=100円 → 99円バッド(下向き矢印)
という具合です。

なお、
ドルを買いたい人が多いことを、ドルの需要グッド(上向き矢印)が多い。
ドルを売りたい人が多いことを、ドルの供給バッド(下向き矢印)が多い。
とも言います。

したがって、ある通貨に対する為替レートは需給と供給の量によって決まりますぴかぴか(新しい)







<<値段が決まりかた2 | 為替相場で稼ぐ道トップへ | 一目均衡表とは?>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa