為替相場で稼ぐ道 > 一目均衡表 > 一目均衡表とは?

一目均衡表

一目均衡表とは?

一目均衡表とは、チャート分析手法の一つです。

基準線
転換線
先行スパン上限
先行スパン下限
遅行スパンから構成されています。
(また、2本の先行スパンに囲まれた部分を先行スパン帯や雲と呼びます。)

ある相場での買い方と売り方の力関係を人目でみて分かるように作成されるものです(たかぞうは凝視しても分かりませんもうやだ〜(悲しい顔)
ローソク足が雲の上にあれば天気が良い、雲の下にあれば天気が悪いなどと相場の動きを天気に見立てて例えたりします。
基準線と転換線による売買サインなどはよく使われます。

 一目山人が手がけた解説本は全7巻もあり、すべてを正しく把握しているものはほとんどいないそうです。
うーーん大変。

この本が分かりやすかったです。
一目均衡表の研究
一目均衡表の研究
一目均衡表の研究
posted with amazlet at 10.05.15
佐々木 英信
投資レーダー
売り上げランキング: 13778



<<値段の決まり方。 | 為替相場で稼ぐ道トップへ | 含み益と含み損。>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  • 一目均衡表値幅観
  • 一目均衡表は、「基準線」「転換線」「雲」などが注目されがちですが、相場の主体は時間にあるという理論で「時間論」を主軸として「波動論」、「値幅観測論」の3つを柱にした分析手法です。 そのうちの一つ値幅..
  • 2007-02-19 19:01
  • WillStory 資産運用日記

Powered by Seesaa