為替相場で稼ぐ道 > 一目均衡表 > 一目均衡表の先行スパン帯

一目均衡表

一目均衡表の先行スパン帯

一目均衡表には、2本の先行スパン線に囲まれた箇所があります。
この囲まれた部分をまたは先行スパン帯と言います。

ローソク足が雲の上にいるときは、買いが強い状態です。
このとき、雲がローソク足の動きを支持することがあります。

ローソク足が雲の下にいるときは、売りが強い状態です。
このとき、雲がローソク足の動きに対して抵抗することがあります。

また、ローソク足が雲の中にいるときは、ローソク足の動きが不安定になり、買いと売りのどちらに動くのか分かりづらい状態になります。


ここで、2本の先行スパン帯とは、

先行スパンその1は、
 {(基準線の値)+「転換線の値」)}÷2 の値を
 26日先にずらしたもの

先行スパンその2は、
 (過去52日間の最高値 +過去52日間の最安値)÷2の値を
 26日先にずらしたもの

です。
 

<<ドル円はビミョー? | 為替相場で稼ぐ道トップへ | 取らぬ狸の皮算用。>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa