為替相場で稼ぐ道 > 一目均衡表 > 一目均衡表の売買のタイミング1

一目均衡表

一目均衡表の売買のタイミング1

一目均衡表をつかった売買のタイミングはいろいろあります。
このときにこうすればって必ず勝てるというものはなく、いろいろ要因がからまって複雑です。なので、無難なとこだけ書いていますあせあせ(飛び散る汗)

ローソク足に対して、基準線、転換線、雲(先行スパン帯)、遅行線の位置関係を見ていきます。

大まかにはローソク足が雲の上にあると買いが強くで、下にあると売りが強い状態です。

さらに、細かく見ると、
ローソク足が基準線や雲をを上抜けするとき、
転換線が基準線を上抜けするとき、
などが買いのチャンスです。
逆に、
ローソク足が基準線や雲をを下抜けするとき、
転換線が基準線を下抜けするとき、
などが売りのチャンスです。

しかし、上記の理由だけで取引するのではなく、ローソク足と各線との位置関係にも注意が必要です目

<<注文と決済の仕方。 | 為替相場で稼ぐ道トップへ | 一目均衡表の遅行線を使った売買。>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa