為替相場で稼ぐ道 > 為替取引 > FXで初心者向きの外国通貨とは

為替取引

FXで初心者向きの外国通貨とは

取引できる通貨ペアはたくさんあります。通貨にはそれぞれクセがありますが、その中から得意な通貨を見出し、その通貨を軸に取引ができればこれほど心強いことはありません。その時もリスク分散のため、幾つかの貨幣を同時に持つことが大切です。

外国通貨には、取引量の多い主要通貨(米ドル・ユーロ・英ポンド・日本円など)と、取引量の少ない準主要通貨(豪ドル・NZドルなど)があります。準主要通貨は主要通貨に比べると取引量が少なめですが、取引量の少ない通貨ほど少しの変動でレートが大きく動きます。アメリカドルは石油やその他の貿易の取引に使われており、最も取引量の大きい通貨です。世界の基軸通貨であるそのものがドルの強みといえるでしょう。米ドルは世界経済に与える影響が大きいため、主な金融情報は自然と米ドルが中心となり、情報収集が比較的容易な通貨です。


ユーロは米ドル、円とともに主要3通貨のひとつで、世界で取引量が最も多いのがユーロ/ドルです。ドルに次いで人気があり、トレンドがわかりやすい通貨です。豪ドルやニュージーランドドルはFXでは人気の高い通貨です。国家経済が好調なこと、資源国通貨は世界的な政情不安に強いこと、金利が高くスワップポイントが高いことなどが人気の理由です。金利の引き下げ、引き上げはこの通貨の魅力であるスワップに繋がるため、注意すべき点です。英ポンドは、ハイリスクハイリターンの外国通貨として知られています。初心者のFX投資では、慣れてきたら少しずつ手をつけるくらいでいいでしょう。

<<スワップに向く外貨 | 為替相場で稼ぐ道トップへ | スリッページとは?>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa