為替取引

FOMCの政策金利発表後は?

FOMCは政策金利を5.25%の据え置きとしました。
昨日、ドル円はジリジリと買われ、115円台前半で推移。
FOMCの声明文は受け取り方がそれぞれで、短い間に買ったり売られたりしました。
FOMCの声明文の後はドルが買われ、レジスタンスになっていた115.20台を超えています。

一目均衡表の2時間足では、
ドル円は、遅行線がローソク足と雲とを上に抜けてきました。
ローソク足も転換線の上にいるので強気な展開です。

日足では転換線がまだ下を向いたままですが、
ローソク足が転換線を上に抜いています。
遅行線はローソク足にかぶっています。
今日は直近の高値115.54を目指してほしいっす。


為替取引

ドル円の相場は小動き?

ドル円は先日下に窓を開けて始まったけど、
その後、買い戻されて115円台を回復。
115円前半で上値を押さえられて推移中。
今日の夜はFOMCがあるので様子見。

一目均衡表の2時間足では、
転換線が基準線を上に抜き、ローソク足も雲の上に出てきています。
遅行線はローソク足と触れ合い中。ちょっと不安定。
今日の日付が変わるころに先週末の陰線に触れそうです。
ちょっと動きがあるかも。

今、使っているFXonlineのロング/ショート比率では、ロングがだいぶ増えています。

為替取引

ドル円の今週の見通しは?

ドル円は窓を開けて始まりました。
先週末は転換線に上値を抑えられて雲の中に入り終わっていました。
まずは114円台をキープできるか気になるところです。

今週は火曜日にFOMCがあるため、引き続き指標などに
注目が集まっています。


ドル円、日足では先週末に転換線が基準線をデッドクロスしています。
ローソク足は雲の中に突入して、軟調な展開っす。

2時間足も先週末の下落で、転換・基準線と雲と遅行線とを下に抜けて、
強いサポートがない状態です。
どこまで下がるのかわかんないっす。
114.00円付近の動きに気をつけておきます!

為替取引

ポンド強し!!

ポンド円は、欧州時間に入ってから、
217円半ばを超えたあたりから加速し、
218円まで到達しました。

昨日のサプライズの流れを受けて、この時間までは、
買いが強い展開でした。

今日の夜には、米国の雇用統計が出ます。
ユーロやポンドの欧州通貨が強い中で、
この結果がドルに対してどのような影響を及ぼすかが心配です。

ドル円は、一目均衡表の2時間足だと
雲を抜けています。
ローソク足は200日線にも下から近づいてきている状態です。
今日の雇用統計の結果によって大きく動く可能性があるので、
今、手出しするとヤケドしそうっす。





為替取引

英中銀と欧州中銀とが金利発表!

今日は欧州中銀(ECB)と英中銀(BOE)の政策金利発表があります。
ユーロの利上げが織り込み済み。
発表後に行われるトルシエECB総裁の会見において、
この後の追加利上げがあるかどうかに注目が集まっています。

一方、英中銀金利は据え置きの予定です。

ユーロ円は、一目均衡表の2時間足において、
欧州時間から買われ雲の上限に少し頭を出しましたが、
上に抜け切れずに売り戻されています。

転換線は基準線を上回って推移していますが、雲の中にいるため不安定。
今日の夜中には遅行線もローソク足に触れてくるので要注意です。


ポンド円は、一目均衡表の2時間足においては
昨日から雲を上に抜けて順調にふらふらしています。
遅行線が雲を抜けるときが注意です。

<< 1 2 3 4 5.. >>


Powered by Seesaa