為替取引

ドル円の動向は?

ドル円は116円後半で頭を抑えられて、
上値が重い展開になっています。
この後、再度上値を試すかどうかってところです。

一目均衡表の日足では、今週の初めに転換線が基準線を
ゴールデンクロスし、ローソク足は転換線にサポートされて
推移しています。

なお、遅行線はローソク足の上を推移していますが、
遅行線とローソク足とが近づいており少し注意。



また、2時間足では、ローソク足が転換線と
フィボナッチの戻しに頭を抑えられています。
117円に到達するには、この辺のレジスタンスが気になります。

さらに、先週のFOMC議事録でできた陰線に対して、
遅行線が近づいてきているので、この陰線に遅行線がふれると、
相場が下に動く可能性があります。

為替取引

ユーロドルの様子は?

今週に入ってからは、ユーロドルは売られ、
1.2700台をきってからは軟調に推移しています。


一目均衡表の日足では、ローソク足が
雲の上限に頭を抑えられており、上値が重い展開。
転換線も基準線を先週の中ごろにデッドクロスしており、
雲の中をさまよっています。
遅行線はローソク足に引っかかっています。


2時間足では、昨日の夜にデッドクロスが発生しています。
コチラでは、ローソク足が雲の上にいます。
また、雲もねじれてきました。
1.26の前半では少し底が堅い様子。
ここを抜けてくるともう一段下がりそうです。

為替取引

ポンスイ上放れ!

長い間、レンジ相場が続いていたポンスイが、
持ち合いから上放れしましたグッド(上向き矢印)

今の所、2.300近辺で推移しています。

昨日のバーナンキ議長の議会証言では、
8月に金利の引き上げを行うかどうか、
判断がつきづらく、それほどタカ派の発言ではなかったため、
116円後半までドルが売られました。

これで、8月までの流れがまた読みづらくなりました。
今晩もFOMC議事録の発表があり、金利についての発言があるかもしれないので要注意中目

為替取引

ポンスイのレンジはもうすぐ!?

ポンスイが昨日から常勝中ぴかぴか(新しい)
長く続いてるレンジ相場のレジスタンスに近づいてきました!

直近の高値(2.29前半)に頭を押さえられて、
レンジ相場にまた入りそう?です。

Fxonlineのロング/ショート比率では、ロングの割合が
少なくなり、ショートの比率が増えています。
けど、分かんないですよね。

為替取引

今日の夜は議会証言。

ドル円は対米証券投資や生産者物価指数の良い結果から、
117円の半ばまで買われましたグッド(上向き矢印)

今日の夜にはバーナンキ議長による議会証言と、
消費者物価指数と建築関連の指標とがあります。

これらの結果は8月8・9日のFOMCに影響してくるので、
大きく動く可能性がありそうです。
最近のバーナンキ議長の発言の後は、相場は大きく動いています。

また、豪ドルが大きく売られ、
一目均衡表の2時間足では、雲を下に抜けてきました雨

それにつられ、ここ一週間ほど徐々に上がってきた
オセアニア通貨に影響が心配されますがく〜(落胆した顔)

<<.. 3 4 5 6 7.. >>


Powered by Seesaa