各国通貨の特徴

ポンド・円の値幅。

最近(ここ一ヶ月ぐらい)のポンド・円の値幅を調べてみました。

一日の平均値幅は 1円21銭。
一日の最大値幅は 2円45銭。
一日の最小値幅は 61銭。

でしたグッド(上向き矢印)

日足で陰線が12本、陽線が10本でした。

以外と陰線の方が多かったです。
値幅はやはり大きいですね。

もとのデータはこれです目

各国通貨の特徴

ユーロ・円の値幅。

最近(ここ一ヶ月ぐらい)のユーロ・円の値幅を調べてみました。

一日の平均値幅は 87銭。
一日の最大値幅は 1円40銭。
一日の最小値幅は 48銭。

でしたexclamation×2

日足で陰線が11本、陽線が11本でした。


もとのデータはこれです目

各国通貨の特徴

ドル円の値幅。

最近(ここ一ヶ月ぐらい)のドル・円の値幅を調べてみました。

一日の平均値幅は 94銭。
一日の最大値幅は 1円63銭。
一日の最小値幅は 43銭。

でした。

日足で陰線が8本、陽線が13本でした。

もとのデータはこれです目


各国通貨の特徴

アジア通貨の特徴。

アジア通貨は、中国元やシンガポールドル、香港ドル等たくさんあります。

主に日本円や中国元に影響を受けます。
中国の人民元切り上げか切り下げにより、日本円は大きく変動します。
また、最近では北朝鮮の情勢にも敏感です雷
欧州や北米の方々は中国と日本を同じアジアであるという立場で見ているのかもしれません。

他のアジア通貨は流通量が少なく値動きが荒いのでトレードが難しいです。

各国通貨の特徴

ユーロ・ドルの特徴。

ユーロ・ドル(EUR/USD)は、流通量が多くチャートどおりに動くことが多いです。また、ユーロ・円やドル・円に対して影響が大きいです。というか、ユロドルの値でこれらの通貨の値が決まってきます。

ドル円とともにトレードをする際には、必ず見ておいたほうが良いです。
実際に日本にいると興味が薄くなってしまいますが、ユロドルから取引を始めると分かりやすいかもしれませんね。

<< 1 2 3 4 >>


Powered by Seesaa