為替取引の基本

スリッページとは?

スリッページとは注文したときの値段と約定したときの値段との差有料
のことをいいます。

相場の値動きが荒いときや流通量の少ない通貨ペアを扱う場合には、
スリッページが大きくなることがあります。

為替取引

FXで初心者向きの外国通貨とは

取引できる通貨ペアはたくさんあります。通貨にはそれぞれクセがありますが、その中から得意な通貨を見出し、その通貨を軸に取引ができればこれほど心強いことはありません。その時もリスク分散のため、幾つかの貨幣を同時に持つことが大切です。

外国通貨には、取引量の多い主要通貨(米ドル・ユーロ・英ポンド・日本円など)と、取引量の少ない準主要通貨(豪ドル・NZドルなど)があります。準主要通貨は主要通貨に比べると取引量が少なめですが、取引量の少ない通貨ほど少しの変動でレートが大きく動きます。アメリカドルは石油やその他の貿易の取引に使われており、最も取引量の大きい通貨です。世界の基軸通貨であるそのものがドルの強みといえるでしょう。米ドルは世界経済に与える影響が大きいため、主な金融情報は自然と米ドルが中心となり、情報収集が比較的容易な通貨です。


ユーロは米ドル、円とともに主要3通貨のひとつで、世界で取引量が最も多いのがユーロ/ドルです。ドルに次いで人気があり、トレンドがわかりやすい通貨です。豪ドルやニュージーランドドルはFXでは人気の高い通貨です。国家経済が好調なこと、資源国通貨は世界的な政情不安に強いこと、金利が高くスワップポイントが高いことなどが人気の理由です。金利の引き下げ、引き上げはこの通貨の魅力であるスワップに繋がるため、注意すべき点です。英ポンドは、ハイリスクハイリターンの外国通貨として知られています。初心者のFX投資では、慣れてきたら少しずつ手をつけるくらいでいいでしょう。

為替取引のノウハウ

スワップに向く外貨

FXで売買できる通貨は多岐に渡りますが、スワップ狙いに向く通貨は何でしょう。FXで取り扱っている通貨は会社によって違いますがかなり種類が豊富です。米ドル、英ポンド、ユーロ、オーストラリアドル、カナダドル、ニュージーランドドルなどが一般的です。香港ドルやシンガポールドル、カナダドルなども扱われています。スワップポイントを軸にFXトレードをしたい人は、金利が高くスワップポイントがたくさん入る通貨を選択します。金利の高い通貨なのはす豪ドルやニュージーランドドルなどです。ただ、変動幅の大きい通貨を買い込むと為替の差損が無視できないものになりかねないという危険が発生します。そして、このような通貨は市場の情報が少ないので情報が思うように入りません。ある日突然の大変動に見舞われることのないよう注意が必要です。初めてFXをする人には、やはりマーケットが大きく情報の入りやすいアメリカドルがお勧めです。取引量の多い通貨なので、情報収集も容易です。金利も比較的高いので、スワップ金利もそこそこ入ります。スワップ金利を狙いつつ、かつ安全に運用するには、金利がそこそこ高い米ドル、豪ドル、NZドル辺りがよいでしょう。米ドルの売買を介してFXに慣れたら、少しずつ他の貨幣についても調べて持てるようにします。一国の外貨だけを持っていると、その国の通貨が急落した時に大きなリスクを背負うことになります。

<<前の3件  1 2 3 4 5..  次の3件>>


Powered by Seesaa