為替取引

スワップ金利の高い国の問題点

スワップポイントの基本は金利の低い通貨で高い通貨を買うこと、つまり金利差のある通貨を取引することです。2国間の金利差によって発生するものなので、どちらかの金利が変化すればスワップ金利も変わります。一部でドル建てで買いますけれど、日本では円建てで外貨を買う場合が多いです。つまり日本の金利が上がるとスワップが減ります。そして今後ずっとFXでスワップ金利で利益を得るつもりでいても、金利の変化によって当初の予定どおりの安定収益は得られない可能性があります。加えて、金利の高い通貨であることだけが長期保有の条件というわけではありません。FXではスワップ金利の高さと引き替えにリスクが発生することになります。投機対象国の危険度を表すカントリーリスクの高い国、インフレ率が高く実際の貨幣価値は下がり気味の通貨の場合も考えられます。インフレでお金の価値が下がってしまうとFXでは為替差損の方が大きくなりすぎる危険があります。また、高金利通貨は取引額が少ない場合が多いので変動率が大きいことがあります。つまり、為替レートの変動はむしろ少なく、安定している通貨を探さなくてはなりません。FXにおいて、確かに外貨を保有してさえいれば何もしなくても毎日スワップポイントは入りますが、やはり最低限のリスク管理はしておきましょう。考えておくべき事は、このスワップポイントはどのくらいを目的に運用するのか、何年後に幾らまで増やしたいのかをしっかり把握すべきでしょう。

為替取引

初心者の資産運用にFXを

近頃は、FXの取引を始めた人がたくさんいます。FXは外貨の売買を利用した投資方法で、株の信用取引と同じように証拠金と呼ばれるお金を業者に委託して取引を行います。日本人の平均寿命は年々のびていますが、将来の生活に不安感のある人は多いようです。

現在の貯金を有効に運用し、せめて定年退職後に生活に困らないよう、豊かな老後をおくるための資産を作りたい。定期預金は年利が下がって運用手段にならないし、その運用方法では足りないことが予想できる。


FXなら、ニーズに合った資産運用が可能です。目標を定め、許容出来るリスクと目指したい額をはっきり決めて計画的に運用できれば、理想的な投資が可能です。スワップポイントは日本円で外貨を保有しているなどに発生する利益で、為替レートに関係なく毎日コツコツと着実に貯まっていくものです。毎日着実にプラスの結果がでるスワップ金利は、初心者にとってかなり心強い存在なのではないでしょうか。スワップ金利はその時々の通貨の金利によって異なります。例えば一万米ドルでは1日に145円程度のスワップが発生します。スワップポイントは必ずしも高い額ではありませんが、


FXとは少ない資金でもそれを証拠金に多額の決済ができることが魅力です。活用すれば1日にもらえるスワップ金利の量も上手に増やすことができるでしょう。いずれはまとまった資産を元手にうまく資金運用ができれば、危険の少ないスワップポイントで確実に利益をあげることできるでしょう。初心者FXでも何もせずとも毎日1万円ずつ、という状態を作ることも可能です。

為替取引に関する重要指標

インフレとは?

インフレとは「インフレーション(inflation)」の略で、
物の値段が継続的に上昇していくことです。

通貨の発行量に対して、市場が必要としている量が多いときに発生します。
つまり、市場にお金が余分にある状態です。

これにより、通貨の価値が下がり、物の値段が上がります。

なお、インフレは需給が減少することにより発生するときは需給インフレといい、供給が過剰になり発生するときは供給インフレといいます。

他にも様々な原因によって発生します。


また、インフレを抑えるため、各国の中央銀行は金融政策を行います。

代表的なものは金利の操作です。

金利を上げたり下げたりすることで、市場における通貨の流通量を調整します。金利が上昇すると流通量が減り、金利が下落すると流通量は増えていきます。

このようにして、金利を操作することにより間接的に通貨の流通量を動かしていきます。

<<前の3件  .. 2 3 4 5 6..  次の3件>>


Powered by Seesaa